世界経済評論

世界経済においては、その問題や着目する観点が世界中の経済圏に広がるために、その状況を把握して認識するには、大きな労力を必要とすることになります。

こうした事から、これらの世界経済を知るためには、国内や海外の経済新聞を読んだり、ニュースを見るなどして情報を集め、それらを精査しながら結び付けて包括的に捉えていくのが近道となりますが、この世界経済の動向に対して、それぞれの分野で活躍をする研究者や学者、実際の現場で働く企業人や政府の経済担当官などが、それを読み解いて記事を寄せている雑誌があり、それが「世界経済評論」になります。

この世界経済評論は、1953年に刊行され60年間続いた世界経済に特化した雑誌でしたが、その発行元であった世界経済研究会が2015年11月に解散したことを受け、休刊になりましたが強い要望によって、国際貿易投資研究所が後を引き継ぐ形で発行元となり、現在も継続して刊行がされています。

世界経済評論は、「世界経済を読み解く国際戦略の羅針盤」であることを目指して刊行をされており、短期や中期、長期といった様々な期間において、海外での事業計画を行う人たちにとって有益な情報を提供することを目的とした誌面構成がなされています。

この事から、海外での金融に携わる仕事に従事する人たちにはもちろんの事、世界経済の動向をさまざまな専門家の考察を元に、その実態や検証、分析やそこから派生するであろう様々な問題に対しての提言や対応、そこからの発展や成長に関する評論などが展開されているため、海外資産などによる投資取引やその運用を行っている投資家にとっても、その内容は充分に有効的なものとなっているのです。

また、この世界経済評論ではウェブコラムでの展開も行っており、「世界経済評論IMPACT」として毎週月曜日の更新が行われています。

雑誌である世界経済評論は二ヵ月に一回の隔月刊行となっているために、その内容は凝縮され深い考察がされているものの、投資取引の時間的なスパンを考えると、こちらの世界経済評論IMPACTを閲覧するのもよい方法と言えるでしょう。

世界経済評論IMPACTでは、世界経済の内容だけにとどまらず、国内の題材や国際ビジネス、科学技術、資源やエネルギーなどと言ったトピックスも扱われており、こうした豊富な内容が約70名の専門家や有識者によって寄稿されているために、いろいろな情報や題材を包括に理解することが可能になります。